Top  > 粉粒体製造機器  > 破砕・粉砕  > 超微粉砕

ナノ粒子大量生産用分散機MAXナノ・ゲッター


【概要・特長】

【粒子の特性維持 マイルド分散
<概要>
粒子のサイズ、形状、結晶構造、表面状態などを維持したまま分散(=マイルド分散)することで、高品質、高精度にナノ領域までの微細化を実現する。
整流部材により自在にビーズを制御することで、処理対象物に最適なエネルギーを与え、高効率かつ品質を維持した状態でナノ粒子化が可能である。


<特長>
●過分散(再凝集)、摩耗、コンタミネーションを抑制するマイルド分散
●らせん状にビーズを動かすことで、効率よく粒子と接触させる理想的なビーズの動きを実現
●別駆動遠心分離セパレータの採用によりマイルド分散と強力なビーズ分離を同時に実現
●ラボ機(バッチ量0.1L)から大型生産機(粉砕室容量125L)まで豊富なラインナップ

<用途>
インクジェットインキ、積層コンデンサ、光触媒、自動車塗料、磁気記録材料、電池材料、化粧品、顔料、染料、半導体用研磨剤、他ナノ粒子用途全般
<仕様>
●型式 HFM06~HFM125
●粉砕室容量(L):0.61~125
●セパレータ用電動機(kw):1.5~30
●使用可能ビーズ径(mm):0.03~0.5
●ビーズ分離機構:別駆動 遠心分離セパレータ


PAGE TOP