Top  > 粉粒体製造機器  > 破砕・粉砕  > 超微粉砕

量産型湿式微粒化装置 スターバーストシリーズ


【概要・特長】

【コンタミ・レス湿式微粒化装置の量産用モデル】
<概要>
245MPaの超高圧に加圧したスラリー状の原料同士をマッハ4の相対速度で衝突させ、分散・粉砕・乳化を行う量産型湿式微粒化装置。


<特長>
●粉砕媒体を使用しないため不純物の混入が極めて少ない
●噴射速度の調整により、過粉砕なくシャープな粒度分布が得られる
●原料のショートパスがなく短時間でナノレベルに微粒化が可能
●高粘度原料や高濃度原料の処理が可能
●独自のシール構造と単結晶ダイヤモンドノズルの採用により、硬質スラリーにも対応
●各種有機溶剤原料の処理に向けた防爆仕様の対応が可能
<用途>
コンデンサ材料、二次電池材料、半導体材料、インクジェットインキ、各種顔料、化粧品、医薬品、その他機能性ナノ材料全般
<装置ラインアップ>
処理量23L/hの少量生産モデルから最大1,056L/hの大量処理モデルまで幅広いラインアップを取り揃えております。
<最大機種仕様>
量産型湿式微粒化装置「スターバースト100」
モータ容量:75kW※防爆対応可能
理論最大処理量:441~1,056L/h
圧力範囲:50~245MPa
噴射部ノズル径:φ0.35~0.5mm
幅×奥行き×高さ:1,330×2,500×1,900mm
質量:5,500kg


PAGE TOP