Top  > 粉粒体製造機器  > 破砕・粉砕  > 微粉砕

相対流粉砕機


【概要・特長】

世界が認めた、新しい粉砕機
◇相対流粉砕機YTKシリーズ
 標準機YTK3311、大型機YTK6337
 基本特許取得済:日本・アメリカ・韓国・中国・台湾・ドイツ
◇渦流式粉砕機YTKシリーズ
 小型機YTK237L、標準機YTK311K、大型機YTK637K
【特徴】
●低速回転により、粉末温度の上昇を抑えられる。
●簡単操作で数μm~150μmまで粒度調整ができる。
●粒子の形状は多角形で、水分の浸透が容易。
●スクリーン不要で、過粉砕を防ぐことができる。
●動力当りの生産量が多く、省エネルギー。
●ハウジング内は簡単な構造により、取扱い・清掃が容易である。
●回収システムはラボ用試験機から大型プラントまで選択可能。
◆粉砕原理
 相対流粉砕とは、2枚のローターが作る、渦流と気流の組合せによって素材を真っ二つに切り割る方式。
 従来機に多い面積粉砕ではなく、素材の中心から粉砕を行う体積粉砕方式。
【粉末の特徴】
●素材の成分のダメージが少ない粉末化。
●粒度はそれぞれの商品に適したものに調整可能。
●色・香り・風味をより多く残す方式。
【YTKシリーズに適した用途】
●熱に弱い(温度に敏感な)素材。例えばビタミンB・C…等に。
●香り・色合い・風味の消失・減少が気になる素材。
●油脂や糖度の割合が高い素材。
●粉末粒度の設定が必要な素材。
【導入業種】
漢方、香辛料、調味料、製粉、穀物商社、農業法人、食品加工、製麺  等


PAGE TOP