Top  > 粉粒体製造機器  > 分級・選別・ふるい分け  > 分級

高効率精密気流分級機 クラッシール


【概要・特長】

分級ローターの回転数とガイドベーンからの分級風量調整を併用することで、分級粒子径をサブミクロン~数100μmと広範囲にかつ容易にコントロールすることが可能な気流分級機。処理量(時間当り)が数キログラム~数百トンの能力においても、効率よく分級することができる。

【特徴】
●シャープな分級が実現でき、広範囲な高機能粉体分野への適合が可能。篩網システムの代替としても使える。
●細粉への飛込み粒子を極めて少なく分級することが可能。超微粉炭カルの分級では助剤なしで、44μm篩通過率がファイブ・ナインを充分に上廻ることができる。
●処理量を大きく選べ、且つコンパクトな分級機であるため、設置計画・取付工事が容易。

【運用例】
●鉱物フィラー(炭酸カルシウム、ドロマイト、タルク等)
●セラミックス原料(長石、水晶、ジルコン、ワラストナイト等)
●ファインセラミックス用微粉末
●フライアッシュ、シリカサンド、特殊セメント、石膏
●樹脂、化学品
●医療品、食品、農薬品
●金属
●その他各種高機能粉体


PAGE TOP