Top  > 粉粒体製造機器  > 分級・選別・ふるい分け  > 分級

風力分級機「SAS型エアセパレータ」


【概要・特長】

構造はシンプルで小型機~大型機まで
粗粉中の微粉除去他用途は多方面
SAS型エアセパレータは、粉砕機と組み合わせたり、または単独で使用されます。
循環施回気流を利用して効率的に分散、遠心力の利用で多量の処理が可能です。
使用目的により微粉側、粗粉側それぞれが製品となります。



<特長>
●本体内部に分級に必要な風量を出すファンを内蔵していますので、送風機及び分級機外部に微粉補集用のサイクロンがいりません。
●本体回転数が遅く、内部構造も簡単なので、摩耗性のある原料にも対応しています。(耐摩耗仕様あり)
<用途>
1.石灰石、生石灰、消石灰、珪砂、粘土など
2.砕砂
3.製鋼スラグ・ステンレススラグ、アルミドロスなど
4.植物繊維など特殊な材料
5.食品類


PAGE TOP