Top  > 粉粒体製造機器  > 分級・選別・ふるい分け  > ふるい分け

電成ふるい JIS Z 8801-3


【概要・特長】

【製品の概要・特長等】
●弊社の電成ふるいは、エレクトロフォームドスクリーンを使用し製作しております。このスクリーンはエッチング方式の腐食方法では無く、ニッケルを用いメッキの方法で時間管理をする事により目開きをコントロールして製作している非常に精密なスクリーンです。
●電成ふるいの最大の特長は精度が高いことで微粒子をシャープに分球する際などに用いられます。
●ダイヤモンドやCBN砥粒の程度 JIS B 4130でも電成ふるいは規格化され検査等に使用されています。その他セメント関係での検査でAJS試験方法にも使用されています。
弊社では30年前から米国のスクリーンを使用し電成ふるいを製作しております。

【仕様・用途等】
●目開き 2.0mm~3μmの範囲での製作が可能です。
●サポートグリッド付きのスクリーンの為通常より強度が高いです。
●ふるい寸法 φ75x25㎜ φ75x40㎜ φ200x25㎜ φ200x45㎜ その他弊社社内規格寸法品φ200㎜以下のステンレス製ふるいにて製作可能です。
ふるい枠とスクリーンの取り付けはエポキシ系の接着剤を使用


PAGE TOP