Top  > 粉粒体製造機器  > 乾燥・冷却  > 乾燥・冷却

パドルドライヤー


【概要・特長】

【製品の概要・特長】
●熱媒体としてのガスを使用せずに、粉粒体物質と中空楔形回転体(パドル)とを接触させることによって乾燥(冷却)操作を行う伝導伝熱型乾燥機
●据付面積が小さく装置がコンパクト
●伝熱係数が大きく、熱効率が良い
●パドル同士のセルフクリーニング効果があり、有効な伝熱効果を持続
●ガス量が少なく、ダスティングがない
●高含水物質の処理が可能
●低回転のため粒子の破壊が少ない
●粉粒体の温度と滞留時間の制御が容易
●減圧下での運転も可能なため、沸点降下を利用し弱熱性物質などの連続乾燥が可能
●熱媒にオイルを使用することで、高温(~290℃)での処理も可能
●一台で乾燥と冷却を同時に行う装置の設計も可能

【単位操作】
乾燥、溶剤回収、加熱、殺菌、反応、冷却、減圧乾燥など

【適用例】
●合成樹脂
●食品
●金属
●汚泥
●ペレット、フレーク状物質
●リチウムイオン電池の電極材料
●有機/無機材料


PAGE TOP