Top  > 粉粒体製造機器  > 乾燥・冷却  > 乾燥・冷却

H-VCD ドライヤー


【概要・特長】

直接加圧型ヒートポンプ式液体濃縮・乾燥機
液体から粉体へ
H-VCDドライヤーは、ディスクの盤面を伝熱面とした液体乾燥機である。回転する中空ディスクの内部に蒸気を通し、ディスク表面を加熱する。加熱されたディスク表面に液を供給し、乾燥させ、乾燥物はスクレーパによって掻き落とされる。

従来のCDドライヤー(常圧タイプ)では大気に放出される、乾燥工程で発生する水蒸気を、ヒートポンプシステムにより圧縮し、加熱原として再利用する。
・水蒸気テストの結果、当社従来CDドライヤーと比べて、蒸気消費量を約85%減らすことができる。
・COP(成績係数)6.5を達成した。



【特長】
・多段ディスクの両面を伝熱面として使用するので、コンパクトな装置にも関わらず、広い伝熱面積(高い処理能力)が確保できる
・省エネルギー効果が高い
・ディスク回転数、蒸気圧力の調整により、任意の乾燥度が可能
・高濃度塩水等、高い耐食性が必要な場合でも対応可能
・用途に合わせてスクレーパ材質の選定が可能

メーカー社内乾燥テスト可能


PAGE TOP