Top  > 粉粒体製造機器  > 乾燥・冷却  > 乾燥・冷却

CD ドライヤー


【概要・特長】

高機能・コンパクト・省エネルギー濃縮・乾燥機
液体から粉体へ
CDドライヤーは、ディスクの盤面を伝熱面とした液体乾燥機である。回転する中空ディスクの内部に蒸気を通し、ディスク表面を加熱する。加熱されたディスク表面に液を供給し、乾燥させ、乾燥物はスクレーパによって掻き落とされる。
真空仕様のCDドライヤーもある。



【特長】
・ディスクの両面を伝熱面として使用するので、コンパクトな装置にも関わらず、広い伝熱面積(高い処理能力)が確保できる
・蒸気効率が高い
・高濃度塩水など、高い耐食性が必要な場合でも対応可能
・用途に合わせてスクレーパ材質の選定が可能
【使用例】
・顔料、セラミック、電子部品材料、レアメタル回収
・各種廃液
・有機溶剤回収(真空型)
・メーカー社内乾燥テスト可能


PAGE TOP