Top  > 粉粒体製造機器  > 造粒・コーティング・表面改質  > 造粒

連続式顆粒化装置 CTS series SGR


【概要・特長】

ハンドリングの難しい薬物微粒子の固形製剤化に
マイクロフルイダイザやPureNano(ナノ晶析装置)で製した薬物ナノ粒子などの微粒子を含むスプレー液を本装置で処理することにより、OD錠用顆粒や徐放性顆粒などの核粒子を製造することが可能です。



【特長】
●溶液または分散液からの直接顆粒化(コアレス)が可能
●球形かつ重質な顆粒が製造可能
●有効成分の高含量化が可能
●粒度分布の非常にシャープな顆粒を連続製造可能
●既存のパウレック製MP-01に取り付けが可能(オプション)


PAGE TOP