Top  > 粉粒体製造機器  > 造粒・コーティング・表面改質  > 造粒

ローラーコンパクター


【概要・特長】

【製品の概要・特長等】
●バインダーを使用せず主原料のみでの乾式造粒が可能
●垂直配列の加圧ロールに対して原料は水平方向から供給される為流動性に優れる原料においても高いフレーク率を実現
●ロール幅の広い大型機では複数の押し込みスクリューを採用し、均質な圧密フレークが形成される
●単純なフレーク化のみならず圧密強度の微調整も可能
●沈静、予備加圧、脱気、加圧成形、破砕、粗砕、整粒の全工程を一台にまとめた乾式造粒システムである
●各工程のユニットは着脱可能であり、必要に応じてよりシンプルなシステムへのカスタマイズが可能
●清掃性に優れるロール片持ち構造機も複数モデルでラインアップされている

【主な用途】
●金属化合物:二次電池正極材/負極材・酸化鉄・酸化鉛・酸化銀・フェライト・酸化マグネシウム・他
●化学工業品:トナー微粉・メラミン・フェノール・ユリア・エポキシ・洗剤・サラシ粉・各種プラスティック添加剤・他
●医 薬 品:顆粒剤・細粒剤・打錠前顆粒・カプセル充填顆粒
●食   品:インスタント食品粉末・香辛料・調味料・砂糖・コーンスターチ・ゼラチン


PAGE TOP