Top  > 粉粒体製造機器  > 成形・打錠  > 成形

『金型技術』と『ロータリープレス』


【概要・特長】

『金型技術』
●ダイス←→上下パンチ ガイドピン位置決め機構
金型セット時の破損を防止するための機構として、ガイドピン支持による金型取付機構を提案します。
ガイドピンがダイスの内径とパンチの外径の位置関係を適切な位置へ誘導いたします。
●システム3R搭載 位置決め機構付き多連金型
システム3Rを搭載されているプレス機用に対応した金型の製作も行っています。
菅原精機では多連金型化のノウハウを生かし、システム3R用金型におきましても、多連金型をメインに製作しています。
『ロータリープレス』
簡単操作にもかかわらず安定品質を量産
●SUGAWARA-PRESSの特徴
充填した粉末の加圧成形をロータリーで量産化を図るプレスです。
当社は金型とプレス機をトータルで立案・製作し、ロータリープレス機の開発においては超小型コア成形をコンセプトに多品種中量・少量生産への対応を図っています。高精度を保ちながら、シンプルな構造と操作性でオペレーションの可視化・容易化・効率化を目指しています。
●ロータリープレス ラインナップ
HS_Series 高速回転モデル
EC_Series 外段取り・小型モデル
VC_Series 可視化・操作モデル

~試作成形から量産まで一貫フォローいたします~


PAGE TOP