Top  > 粉粒体製造機器  > その他  > 爆発安全

爆発抑制装置


【概要・特長】

【製品の概要・特長等】
爆発が発生した瞬間の圧力波を検知し、火炎が広がる前に消火・抑制剤を噴射することにより爆発を抑制し、進行を阻止することで破壊的な圧力にまで達することを防ぐ。
装置間のダクト、配管に設置することにより、爆発のしゃ断装置として爆発の伝播を防ぐ。

●窒素タンクと消火・抑制剤の容器が分離されており、長期間交換が不要
●取付の角度、向きに制限がない
●誤操作を防止するため、複数の圧力センサーで検知
●アクチュエータの使用により雷管は不要に
【仕様・用途等】
●5#:消火・抑制剤量 2.3kg
●10#:消火・抑制剤量 4.6kg
●20#:消火・抑制剤量 9.2kg


PAGE TOP