Top  > 粉粒体製造機器  > 計装  > 計装

振動式レベルスイッチ MVLシリーズ


【概要・特長】

【製品の概要・特長等】
振動式レベルスイッチは、一定の周期でプローブを振動させ、粉粒体に埋没すると振動数が変化して粉粒体の有無を検出する。
バイブレーションテクノロジーにより、検出感度は業界最高レベルのかさ密度0.02g/cm3と非常に軽い粉体から検出が可能である。
例えば、シリカやカーボンブラックなどの微粉体でも確実に検出することができる。
検出部分は可動部がないため粉体の噛みこみなどの心配がなく、電気的な検出では無いため、電気的特性の変化の影響も受けることがない。
プローブ材質はSUS316Lを採用。
ハウジングカバーには外部から検出動作がわかるように、LED表示を搭載し外部から動作を把握することができる。
【仕様・用途等】
・供給電源:AC/DC22~264V
・構造:標準プローブタイプ/ケーブル吊下げタイプ/伸長パイプタイプ
・L寸法:①約225mm(標準プローブタイプ)
     ②約600mm~20000mm(ケーブル吊下げタイプ)
     ③約350~2000mm(伸長パイプタイプ)
・検出かさ密度:≧0.02g/cm3
・出力信号:1C×1
・取合:R1ネジ ※指定フランジも準備可
・許容温度:①-40℃~+150℃
       (標準プローブ/伸長パイプタイプ)
      ②-20℃~+85℃(ケーブル吊下げタイプ)


PAGE TOP