Top  > 粉粒体計測機器  > 粉粒体計測機器  > 粉粒体計測機器

粉体層せん断力測定装置 NS-Sシリーズ


【概要・特長】

【製品の概要・特長等】
流動性,付着性…圧密状態の粉体物性の評価に!
○粉体原料,中間製品などの粉体物性(流動性,摩擦角,付着性,応力緩和性、応力伝達率)について,高精度で再現性の良い測定ができる粉体物性評価装置である



【特長】
○わずか1ccの粉体量でも測定が可能
○定荷重せん断試験,定容積せん断試験が本機1台で可能
○測定ごとの掃除が簡単,わずか10分での測定が可能
○医薬分野でのスティッキング現象の評価にも利用可能
○金属粉,樹脂粉,医薬品原料,化粧品原料粉などあらゆる粉体の流動性,付着性の評価ができる
○本測定法は、JIS-Z8835としてJIS規格に制定
【アプリケーション例】
○表面改質剤などの最適添加割合の決定
○ロット間における粉体の均一性の管理
○粉体の付着性に関する指標の測定
○壁面摩擦係数の測定
フィルムや金属表面と粉体の動的・静的摩擦力も測定可能

【オプション】
○加温ユニット(150℃まで)
○標準基板(各種素材、研磨表面がある)
○恒温恒湿槽(装置全体の加温は50℃まで)
温度・湿度の制御が可能で,環境の影響を測定可能
○試験用セルの内径 (5, 8, 15, 30, 43mm)
手持ちのサンプル量に合わせて適切なセルを選択できる


PAGE TOP