Top  > 研究室用機器・ラボ機  > 研究室用機器・ラボ機  > 研究室用機器・ラボ機

プローブ式画像解析粒子径・形状分析装置


【概要・特長】

プローブをプロセスの中に入れて、粒子画像を取得し、リアルな状態での粒子径、粒子径分布、アスペクト比そして円形度を測定する。
画像解析により、泡の混在や色の異なる粒子が二成分混ざっている場合、それぞれを分けて粒子径分布を求めることも可能である。

【特徴】
●in situ測定(ラボ測定可)
●マイクロバブルのリアルタイム粒子径計測
●アスペクト比、円形度等の形状パラメータ測定可
●希釈不要(ただし、サンプルに依存して希釈が必要な場合有)
●高温、高圧、酸・塩基や溶媒等過酷な条件対応可
●得られたデータを基づいてプロセス制御可
●防爆対応可能なプローブ(VI-Pl, VI-SC, VI-Pa)

【SOPAT-VI-System仕様】
●サンプル量:10mL~
●プローブ直径:12mm
●圧力:~10bar (オプション:~250bar)
●測定温度:-10℃~130℃(オプション:-50℃~450℃)
●窓材質:サーパイア
●粒子径範囲(単位:μm)
 MM-: MM2(0.5 - 90 ), MM1(0.9 - 170)
 VI-: Ma (1.5 - 280), Pl (3 - 350), Sc (9 - 1200)
 VI-: Pa (19.5 - 2,600 ), Kr (70 - 9,300),
 In View: (10 - 50,000 ) (ただし、使用レンズに依存)


PAGE TOP