Top  > 粉粒体製造機器  > 粉体ハンドリング  > 周辺機器

チョークブレーカー


【概要・特長】

【製品の概要・特長等】
●粉粒体特有のブリッジ、アーチング、ラットホール現象に対して総体的な強制排出作業を遂行する装置である。
●ホッパーシュート内の粉粒体に直接衝撃を与え、ブリッジング等の破壊から強制排出へと確実に作業を実行する。
●粉粒体の流動面には、メカニカルな摺動部、摺動面がまったくなく、粉粒体の形状や性状は問わない。
●ホッパーシュートの材質は多岐、広範囲に選択可能であるため、対象物の化学特性、硬度、温度条件、コンタミネーション回避要求、エアシール等に関しても対応が容易である。
●運転音が小さい。
●ホッパーシュートの着脱が容易。

【仕様・用途等】
●製作口径:300A×150A~1000A×500A
●駆動方法:電動式
●ホッパーシュート:帯電防止加工、樹脂コーティング等の各種オリジナルクロス
 ポリエステル、ナイロン、PTFE、
 耐熱ナイロン等
●チョークロープ:SUSワイヤロープ(ナイロンコート)
●ハウジング:SS400・塗装、又はSUS304
●サイクロ減速機:住友重機械 VM型


PAGE TOP