Top  > 研究室用機器・ラボ機  > 研究室用機器・ラボ機  > 研究室用機器・ラボ機

ナノ粒子解析装置


【概要・特長】

【製品の概要・特長等】
●ナノ粒子のキャラクタリゼーションを解析する重要な3つの要素(粒子径・ゼータ電位・分子量)を1台に集約
●ハイパワーレーザーを搭載したモデルのラインナップと光学系の最適化により、測定感度UP(従来比約15倍)
●Dual光学系とHORIBAオリジナルのコリレータ採用による高性能化を実現
●サンプリング後は測定開始ボタンを押すだけの使い易いシンプルなオペレーション
●超微量サンプリング量(粒子サイズ12μL、ゼータ電位100μL)で測定可能
●平板ゼータ電位測定にも対応
●コロイド粒子、機能性ナノ材料、高分子、ミセル、リポソーム、ナノカプセルなど幅広い応用分野に適合
【仕様・用途等】☆nanoPartica SZ-100V2シリーズ
●粒子径測定原理:光子相関法
●粒子径測定レンジ:0.3nm〜10μm
●粒子径測定精度:ISO13321準拠規格NISTトレーサブル単分散ポリスチレンラテックス100nmに対して測定精度±2%(ただし、標準粒子自体のバラつきを含まない)
●分子量測定原理:デバイ・プロット法
●分子量測定レンジ:1×103〜1×107Da
●ゼータ電位測定原理:電気泳動レーザドップラ法
●ゼータ電位測定レンジ:−500〜+500mV
●外形寸法:385(W)×528(D)×273(H)mm
●重量:約25kg


PAGE TOP